足圧施術+体操指導という形で人様の健康づくりのお手伝いをしていきたい

私は、15年余り、健美操・ゆる体操他健康体操指導の仕事を しており、長い間、間接的に人の身体の健康づくりに携わって参りました。
以前から、身体に直接アプローチ出来る“施術”にとても興味があり、桑園・全国足圧協会開設記念の日、知人の紹介で、薄木先生の足圧施術を初めて体験させていただきました。
その後、薄木先生もまた私の体操指導を体験していただき、足圧施術+体操指導という形で人様の健康づくりのお手伝いをしていきたいと思い、足圧ほぐし流の門下生となりました。
2013年2月に足圧師1級の認定をいただき、足圧師、そして後に認定された足圧指導教師としての活動を開始。現在は「りゅーる(Ryuru) 足圧ほぐし流ルーム」のオーナー足圧師として、お客様に足圧ほぐし流施術と体操を含めた健康づくりアドバイスを行っております。
これからも、皆様のお役に立てる足圧ほぐし流足圧師、健康体操指導員、足圧指導教師として、皆様のお役に立てる活動をしていきたいと思っております。
(菊池 リサ 札幌市南区真駒内柏丘3丁目1-39 tel.090-5959-8240)

釧路町に2年6ヶ月通ってくださいました。

釧路町で足圧ほぐし流の1級を修得した、小濱です。薄木先生は2年6ケ月掛けて、私に足圧ほぐし流を伝授していただきました。けしてあせることなくじっくりと教えていただきました。当初、中々進みませんでしたが一つ一つ親切に教えてくださり、中標津の授業にも参加させていただいたり、札幌での授業にも参加させてくださり、確実に技術をつけることが出来ました。釧路には350キロを軽自動車で高速道路を使わず、片道6時間掛けてきてくださり交通費はガソリン代だけ、我が家に泊まってもらいながら、お客様を次々と施術してくださり、其の時のお客様は今でも足圧ほぐし流を受けていただいています。
今年5月には全国足圧協会の認定校として足圧スクール ほぐしま笑!がなったことで保険も充実安心して足圧ほぐし流を施術することができます。
新しい施術室も完成し釧路で本物の足圧ほぐし流を広めていくつもりですので宜しくお願いします。
(小濱 晃 釧路町別保 tel.080-3233-9513)

杉澤瑠美子(73歳)

自分の終活に今迄お世話になった方々に恩返しをしたいと様々な民間療法の手技・足圧・カイロを体験し、スクールや、アカデミーなどを見てきましたが1年6か月見て回り、途中世界遺産マチュピチュやアンコールワットにも通いながら平和を願い千羽鶴を折って奉納してきました。
色々受けて生きた中で資格商法所が多い反面、卒業生の面倒の見方をつぶさに見てしかも保険は損保ジャパン日本興亜さんが足圧マッサージ足しを使った施術の事故補償を一般社団法人全国足圧協会の福利厚生のため金融丁に申請して作ったことを知り責任あるしっかりした足圧スクールほぐしま笑に入学して、今では足圧の名人コースを習得、レバンガ北海道の選手もほぐしています。
楽しくて楽しくて卒業しても沢山の卒業生がいつもワイワイ集まって技術を教えてくださいます。今後も充実した終活を送っていきます。皆さん足に職をつけませんか?そして仲間になりませんか?

長岡由利香(元介護福祉士)

グループホームで介護の仕事をしていましたが、正月もクリスマスも日曜もなく夜勤や泊りの4年間でした、夜は即席めん等を食べてどんどん横に成長していきました。そんな日、父が足圧マッサージ足圧ほぐし流を受けてみたが本当に楽に成ったと、家族全員で小樽の駅前中央市場店の店長井手(旧姓黒瀬)先生に受けて腰が痛かったのが楽に成り足圧スクールほぐしま笑に入校。授業を受ける中、幼稚園の時からのアトピーでかゆくて掻いて破れた皮膚の血で汚れた腕を見た薄木先生は、自然水に1日3回つけてくださり、全身を時間をかけてほぐしてくださり3日で全身のかゆみと肌に変化が、卒業するまでにアトピーはきれいに無くなりました。
薬と治療費で約月2万円かかっていましたがそれが1円もかからなくなり、しかも汗がかけない身体でしたが今では22キロ無理なく減量しました。小樽の2代目の店長として充実と感謝の人生を歩んでいます。足圧の達人®の資格も取れて生徒さんに教える立場になりどんどん技術も向上しています。皆さん足に職をつけませんか?